国内の注文住宅の依頼先の約7割を占める!初心者にも分かりやすく工務店の豆知識をご紹介

注文住宅は、多くの人が憧れる住まいです。
自分の希望がすべて詰め込まれ、100パーセント満足できる住まいを実現できるからです。
注文住宅は、ハウスメーカーにオーダーするものだと思っている人が多いですが、実際は工務店に発注し建築されておりそれが全体の七割に達します。
当サイトでは、その実態や豆知識などをご紹介していきます。
当サイトがこれから注文住宅を建築しようとしている方に役立つことをねがってやみません。

国内の注文住宅の依頼先の約7割を占める!初心者にも分かりやすく工務店の豆知識をご紹介

注文住宅はハウスメーカーを依頼先としてしまうと非常に費用が高くつくことがわかっています。
ハウスメーカーは設計やデザイン、施工を下請けの業者に外注することがほとんどであり、その分費用が高くついてしまうわけです。
一方工務店では自社で職人やデザイナー、設計士をかかえていて外注する必要がありません。
その分コストが安くなり、結果的に注文住宅購入費用も安く抑えられるのです。
工務店は地元密着型で、そのエリアの特性なども良く熟知してます。
またアフターサービスのフットワークも軽く、迅速に対応してくれるのでおすすめです。

注文住宅の依頼先の一つでもある工務店とは?

一般的に注文住宅の依頼先に選ばれている工務店とはと聞かれても、ハウスメーカーとの違いが正直よく分からない方もいるでしょう。
工務店はハウスメーカーと比べると小規模で施工対象となるエリアも地元やその周辺に限られています。
ハウスメーカーのようにプランや品質を一定にするための基準がない分、設計の自由度は高いとされています。
そのため家族に合わせた希望の間取りや取り入れたい設備などを実現しやすいといえます。
ただしこれまでの実績や得意とすること、施工の品質など工務店によって異なります。
また施工後のアフターフォローについても、保障内容はそれぞれに定められています。
工務店選びの際は、複数社から見積もりを取って比較したり、施工実績などを事前に確認しておくことをおすすめします。
工務店とはハウスメーカーと比べると会社の規模や知名度などは劣るものの、家族やライフスタイルに合わせた家づくりや、細部までこだわった家づくりが可能です。

工務店を利用して注文住宅の家を建てるときの費用相場は?

工務店によってその地域の坪単価に変動があります。
建物に関しては、地域でも差が出てきますが、相場としては1300万~2300万くらいです。
地域別坪単価は、東京は約80万円、千葉は約62万円、神奈川は約67万円、埼玉は約60万円 工務店が建てる注文住宅の値段は、約40坪で費用は2000万くらいです。
最低でも1000万の家も建てることができます。
大手のハウスメーカーですと注文住宅2000万円で建築するのは難しいです。
2000万円代でも十分住みやすい家を施工することは可能です。
狭い土地を有効活用することもできます。
建材はそんなにこだわることはできませんが、念願の注文住宅を建築することもできるので、あきらめないで工務店に相談してみてもらいたいです。
現在はローコストの住宅が流行ってますので、流行の流れに乗って格安だけど高級感のある住宅に住むこともできます。
一点豪華主義のように特定の分野でこだわりがある方には一般的な工務店にお願いをすることをおすすめします。

注文住宅を建てるときの住宅ローンは工務店に相談することも可能

注文住宅の費用は決して安くはなく、数千万単位のお金が必要になることも少なくないです。
予めたくさんのお金を準備することができる人は、速やかに支払いを完了できます。
しかし経済的な問題が発生している人は、注文住宅のお金を一括で払うのが難しくなる可能性があるので、気を付けないといけません。
そこで注文住宅を検討している工務店にローンの相談を行い、無理なく支払えるように話し合うことが大切です。
工務店によってはこのように経済的な問題を話すことができ、少しでもサポートできるように対応してくれます。
もし問題なく完済できることが分かった場合は、ローンを選択しても特に問題はないです。
ただ気を付けないといけないのは、必ず融資を受けられる訳ではないという部分になります。
安定した収入が少なかったり、個人信用情報に問題がある場合は残念ながら審査を通過することができなくなるので万全の状態で申込することが重要なポイントです。

戸建住宅などを請け負う建築専門の地場産業の建設業者が工務店

地場産業とはある土地の中小企業が、一定の営業エリアで行う産業です。
営業に用いる技術や労働力、材料などはその土地で調達するもので、伝統工芸品などが代表的です。
たとえば丹後ちりめんや今治タオルなどです。
建築関係における広義の地場産業として工務店を捉えることも可能です。
工務店の資本はその土地のもので、有限会社も多く広く資金を集めているところは稀です。
営業エリアは車でおよそ1時間以内というところでしょう。
そうでなければ職人たちが通うのが難しくなります。
もちろん労働力は工務店の近くに住む職人たちです。
移動手段は自動車がメインになりますから、自動車で通える範囲で人を集めることになります。
このような会社が地元の戸建住宅の新築工事などを請け負っています。
自社で依頼を受けた仕事だけでなく、懇意の設計事務所から紹介された仕事も行っています。
地元密着のスタイルであり、悪い噂はすぐに広まりますから、誠実な仕事をしているところが多いです。

工務店に関する情報サイト
注文住宅の依頼先

注文住宅は、多くの人が憧れる住まいです。自分の希望がすべて詰め込まれ、100パーセント満足できる住まいを実現できるからです。注文住宅は、ハウスメーカーにオーダーするものだと思っている人が多いですが、実際は工務店に発注し建築されておりそれが全体の七割に達します。当サイトでは、その実態や豆知識などをご紹介していきます。
当サイトがこれから注文住宅を建築しようとしている方に役立つことをねがってやみません。

Search